歯の痛みは虫歯以外にも原因が!?

千種の歯医者なら池下さくら歯科 メニュー

歯がしみてお困りの方へ

歯が痛い!冷たいものが歯にしみる

楽しいお食事の時間やおやつの時間に、突然ズキンと痛みが出たことはありませんか? 痛い思いをした上に楽しい時間も台無しになってしまったら、とても残念ですよね。 今冷たいものや甘いものをお召し上がりになられた時に痛い、しみるといった症状が出ている方のお悩みを解決します。

「歯が痛い」「歯がしみる」原因

①虫歯

しみる原因はその1虫歯 「歯が痛い」「歯がしみる」といった症状をお持ちの方で一番多い原因が虫歯です。 虫歯の特徴といえば歯に穴があくイメージが多いかと思います。 これは、虫歯の原因である細菌が酸を出し、歯を溶かすことで起こります。 歯は図のように、外側からエナメル質、象牙質、神経という三層構造になっています。 「痛い」、「しみる」といった症状は、象牙質や神経が刺激されることで起きます。 つまり、「痛い」「しみる」といった症状をお持ちの方は、かなり虫歯が深くなっている可能性があるため、できるだけ早く治療が必要なのです。

放置しても「しみる」「痛い」といった症状は改善しません。 それどころか、虫歯が進行すると、夜も眠れないくらいの激痛が起きたり、頬が大きくはれてしまったりすることもあります。 つまり、「しみる」「痛い」という症状は体からあなたへの警告であり、治療を始める良い機会といえます。

②知覚過敏

しみる原因その2知覚過敏

知覚過敏ってご存知でしょうか?
おそらくテレビで一度はお聞きになられたことがあるかと思います。
知覚過敏でも、「歯がしみる」「歯が痛い」という症状が出ます。
特に冷たいものを食べたり飲んだりしたときに起こります。知覚過敏は、歯の象牙質に刺激が加わることで起こります。
実は歯の象牙質には無数の小さな穴があいており、象牙質に冷たいものなどの刺激が加わることで神経に刺激が伝わるのです。 これが「痛い」「しみる」原因です。

エナメル質が傷つくと歯がしみることも 通常は、象牙質はエナメル質の下にあり、刺激が加わることはありません。 しかし、歯周病で歯ぐきが下がることによりエナメル質のない歯根部分が露出したり、食いしばりや歯ぎしりでエナメル質が割れてしまい象牙質が露出したりすることがあります。 露出した歯根面には、知覚過敏用のお薬を塗ったり、割れてしまった歯は、光で固まるプラスチック製の詰め物で補ったりする処置が必要です。 いずれの場合もできるだけ早く治療が必要で、放置しても治ることはありません。 できるだけ早い受診をお勧めします。

③歯折・亀裂

詰めものをしている歯は、歯ぎしりや食いしばりによって割れてしまうことがあります。 また、詰めものをしていない健康な歯でも、強い食いしばりや歯ぎしりで亀裂が入ることがあります。 歯が割れたり亀裂が入ったりすることで、象牙質に直に刺激が伝わり、「痛い」「しみる」といった症状が出ます。 その深さによっても治療の仕方が変わりますが、歯の根っこまで折れてしまっている場合は歯を残せなくなることもあります。 いずれの場合もできるだけ早く受診していただき、適切な対処をすることが必要です。

「歯が痛い」「しみる」時は、池下さくら歯科へ!

歯に違和感があれば池下さくら歯科へ 池下さくら歯科では、急患受付も行っております。 「急に歯が痛くなってしまった、どうしよう…」という場合も、ぜひ当院にお越しください。 患者様のご要望や不安な部分についてもお聞きした上で、対応させていただきます。

ご予約はこちらから
web予約はこちらから

当院オススメメニュー

  • ホワイトニング
  • 口臭治療
  • オーダーメイド予防
  • インビザラインの見えない矯正

PICK UP

  • メタルフリー
  • 滅菌対策
  • MRC矯正
  • マタニティー歯科

RECRUIT

  • さくら会求人サイト

お勧め診療メニュー

top