メタルフリーでアレルギーがなくなる?

千種の歯医者なら池下さくら歯科 メニュー

銀歯を入れたくない方へ

綺麗な笑顔手に入れませんか?

“美しい笑顔に白い歯”を持った方にはどんな印象をお持ちになりますか?
「明るく清潔そうだ」「清楚で綺麗な方だ」 きっとこんな印象を持たれるかと思います。
逆に、歯を見せて笑ったときに白い歯の中に銀色があると目立ちますよね。
せっかく綺麗な笑顔でも、お口の中が銀歯だらけだとよい印象は持ちにくいでしょう。
銀歯の色が気になり歯を見せて笑えないあなた、白い被せものに興味をお持ちのあなた、この機会に銀歯から白い詰めものに変えてみてはいかがでしょう?

メタルフリーで明るい表情の女性

実は有害!?体に悪影響を与える銀歯とは

銀歯が体に与える悪影響とは 今まで詰めもの、被せものというと金属のものが主流でした。 いわゆる「銀歯」と呼ばれるものです。 保険の診療範囲内で治療をするにあたり、安価で丈夫であるため日本で広く普及しています。 しかし安価な材料がゆえに体には優しいとはいえません。 実際に、使用されている銀歯の金属中には金属アレルギーを起こすものが含まれています。 お口の中にずっとあることで銀歯の中の金属がさびて溶け出し、アレルギーが起こります。 詰めものに接している歯茎を黒くしてしまうこともあります。 また銀歯の表面はざらついており汚れがつきやすいので、歯周病や虫歯の原因になることさえあります。 このように、銀歯は見た目だけではなく、健康にも悪影響を及ぼす恐れがあるのです。

体に優しいセラミック

美しい白い歯を手に入れるためにはどうしたらよいのでしょうか? 当院では、セラミックでできた詰めもの、被せものをお勧めします。 セラミックといえば、お皿にも使われている材料です。 見た目も白く、加工の仕方によってご自身の歯の色にあった自然な色合いにすることが可能です。 銀歯に使われる金属と違い体優しい材料であるため、アレルギーや歯茎の変色を起こすこともありません。

さらに、表面が滑らかな構造をしており汚れがつきにくいため、銀歯に比べて歯周病や虫歯になりにくいといえます。 保険診療範囲外での治療となりますが、お口の中を美しく健康に保つためにも、受けていただく価値は十分ある治療といえます。 実際、歯科医療従事者であればそのメリットの多さから迷わず銀歯ではなくセラミックを選ぶでしょう。

銀歯とメタルフリーの違い

池下さくら歯科では患者様のお悩み、ご要望を伺った上で様々な治療法を提示させていただき、納得のいくまでご説明いたします。 もし疑問点があれば些細なことでも担当の歯科医師、歯科衛生士にお訪ねください。

池下さくら歯科なら、患者様の要望をお聞きします!

池下さくら歯科では、様々な治療の中から患者様おひとりおひとりに合った最適な治療を提供できるように心がけております。 そのため、それぞれの治療のメリットやデメリットをお話しした上で、患者様のご要望やご予算に合った治療をご提案させていただきます。 無理に高額な治療を勧めたり、患者様の了承も取らずに治療を進めたりすることはございません

ご予約はこちらから
web予約はこちらから

PICK UP

  • メタルフリー
  • 滅菌対策
  • MRC矯正
  • マタニティー歯科
  • 子供マウスピース矯正
  • 大人矯正

RECRUIT

  • さくら会求人サイト

お勧め診療メニュー

関連サイト

top