千種区の歯医者なら池下さくら歯科|日曜日も診療

千種の歯医者なら池下さくら歯科 メニュー

院内感染を防ぐ徹底した滅菌とは?

歯医者の選び方を間違えたくないあなたへ

エイズや肝炎の感染に怯える女性

あなたは歯医者を選ぶとき、どのような基準で選んでいますか?
「近所にあるから」、「昔から通っているから」という理由だけで、選んでしまっていませんか?
このページでは、歯医者である院長の杉本が、患者様の立場だったらどんな歯医者を選ぶか、お伝えします。

えっ、歯医者の器具ってちゃんと消毒されてないの!?

滅菌されたタービン

歯医者で使う器具は、当然消毒されていると思いますよね。 もちろん、ピンセットやミラーなどは、高い温度の水蒸気による滅菌処理(菌・微生物を死滅させる処理)がされています。 しかし、歯を削るのに使う「タービン」という器具については、なんと滅菌処理をしている歯医者は約3割しかいないと言われているのです。 一体、なぜ「タービン」の滅菌処理をしないのでしょうか。 そもそも「タービン」は高価なため、十分な数を揃えられない歯医者もいます。 そうすると、患者様ごとに滅菌処理をしていては次の患者様の診療時間に間に合わず、使い回しをしなければ間に合わなくなってしまうのです。

7割の歯科医院では滅菌対策が行われていない

さらに、目に見えない汚れや血液に対する医療従事者自体の意識が甘いことも考えられます。 たとえ目に見えない血液や汚れでも、実はその中にはウイルスや菌がいて危険だということを、きちんと理解しておく必要があるのです。

歯医者を選ぶ時には、細かい器具まで滅菌処理がされている歯医者を選びましょう。

あなたが納得する診療を受けたいと思いませんか?

滅菌された治療器具を使う衛生士

現在の歯医者の診療は、保険内での治療がほとんどです。そうすると、虫歯や歯周病といった歯の病気を「治す」ための診療が中心になってしまいます。

食事を楽しむ老夫婦

しかし私が歯医者を選ぶなら、そもそも虫歯や歯周病になりにくい歯を育てていく「予防」のための診療に積極的な歯医者を選びたいと思います。 「予防」に力を入れ、自分の歯を削ったり抜いたりすることなく、一生自分の歯で食事ができることが、一番だと考えるからです。

保険内の治療では、「予防」のための処置はほとんど行うことができません。定期検診に行っていたとしても、絶対に虫歯や歯周病にならないという保証はありません。虫歯や歯周病になりにくくする治療を行ってくれる歯医者を選ぶことが大切だと考えます。

もちろん削る技術も大切ですが……

ガス滅菌によりプラスチックの治療器具も滅菌の徹底

当歯科医院は、タービンまでしっかり滅菌しております。 さらに、熱を加えると溶けてしまうプラスチックの器具まで滅菌できる「ガス滅菌器」も導入し、滅菌を徹底しております。 もちろん予防にも積極的です。自費診療にはなってしまいますが、虫歯や歯周病になりにくくなる予防のコースがいくつも揃えられています。

器具の清潔さが気になる方、自分の歯を一生大切にしたい方は、ぜひ当歯科医院にお越しください。

池下さくら歯科なら、患者様の要望をお聞きします!

池下さくら歯科では、様々な治療の中から患者様おひとりおひとりに合った最適な治療を提供できるように心がけております。 そのため、それぞれの治療のメリットやデメリットをお話しした上で、患者様のご要望やご予算に合った治療をご提案させていただきます。 無理に高額な治療を勧めたり、患者様の了承も取らずに治療を進めたりすることはございません

ご予約はこちらから
web予約はこちらから

PICK UP

  • メタルフリー
  • 滅菌対策
  • MRC矯正
  • マタニティー歯科
  • 子供マウスピース矯正
  • 大人矯正

RECRUIT

  • さくら会求人サイト

お勧め診療メニュー

関連サイト

top