千種区の歯医者なら池下さくら歯科|日曜日も診療

千種の歯医者なら池下さくら歯科 メニュー

歯がしみる原因は
虫歯じゃないかも?

知覚過敏って??

歯の構造

歯は右図のように外側からエナメル質、象牙質、神経の三層構造よりできています。 象牙質の表面には顕微鏡で見ると無数の穴があいているため、冷たいものなどの刺激がむき出しになった象牙質に触れることで 直接神経に刺激が伝わります。 つまり何らかの原因によってむき出しになった象牙質に刺激が加わることで痛い、しみるといった症状が出ます。 この状態を知覚過敏といいます。

知覚過敏の原因

  • 歯周病

    歯周病により神経が露出

    歯周病にかかると歯ぐきが痩せてしまいます。 歯ぐきが痩せることで歯の根っこの表面が露出します。 露出するとそこにはエナメル質がなく、刺激が加わったときにしみる症状がでることがあります。

  • 歯の表面の亀裂、破折

    エナメル質が削れ神経が露出

    歯に食いしばりや歯ぎしりなどの強い力が加わるとエナメル質が剥がれ象牙質が部分的に露出してしまうことがあります。 これも知覚過敏の原因となり得ます。

知覚過敏の治療法

知覚過敏治療薬の塗布

歯周病によりむき出しなった根の表面にはまず、薬を塗布して治療します。 露出した象牙質の穴をお薬で防ぐことでしみる症状を抑えます。 即効性がなく、数回程度の来院して頂き歯の表面に塗る必要があります。

プラスチックの詰めものによる修復

食いしばりや噛み締めによって割れた歯や薬の塗布により治らない歯には、光で固まるプラスチックを詰め歯の形に修復し、歯に伝わる刺激を遮断します。

神経をとる処置

抜髄の処置 抜髄の処置後

知覚過敏の治療法としては最終手段の治療です。 薬による治療、詰めものによる治療等を行ってもしみたり、痛いといった症状が続く場合や神経に達するまでの亀裂が入ってしまった場合、神経を抜く必要があります。 神経を抜くことでしみる、痛いといった症状は消えますが歯がもろくなってしまいます

マウスピースによる治療

歯軋りをマウスピースで解消

前述のように食いしばりや歯ぎしりが原因の知覚過敏が疑われる場合には、夜間にマウスピース使っていただき歯にかかる負担を緩和することで、治療を行います。

ご家庭でできる知覚過敏対策

知覚過敏用の歯磨きが大切

もし、知覚過敏があると言われたら、歯科医院での治療に加えて知覚過敏用の歯磨き粉をかっていただき、磨いていただくことをお勧めします。
歯を磨くときの力加減も知覚過敏の原因となります。強い力で歯磨きをすると、歯の表面や歯茎を傷つけ知覚過敏をおこすことがあります。
またぬるま湯で歯を磨いたりすることも効果的なようです。
歯磨きの仕方で疑問があれば歯科衛生士にお訪ねください。

痛いのを放置しないでください!

放置するのはよくないかも

冷たいものを食べたり、飲んだときに出るしみるような痛みはつらいですね。 痛みのために食べるのを控えてしまうでしょう。

このような症状がでたら早めに受診していただくことをオススメします。 患者様自身で判断され痛みの原因が、知覚過敏なのか、虫歯なのか確認せずにおいておくと症状が悪化し強い痛みが出たり、大きく腫れて大掛かりな処置が必要になることさえあります。
もし、現在ここをご覧になってるあなた! もしも、痛みがあるならばすぐに受診をしてください!

池下さくら歯科なら、患者様の要望をお聞きします!

池下さくら歯科では、様々な治療の中から患者様おひとりおひとりに合った最適な治療を提供できるように心がけております。 そのため、それぞれの治療のメリットやデメリットをお話しした上で、患者様のご要望やご予算に合った治療をご提案させていただきます。 無理に高額な治療を勧めたり、患者様の了承も取らずに治療を進めたりすることはございません

ご予約はこちらから
web予約はこちらから

PICK UP

  • メタルフリー
  • 滅菌対策
  • MRC矯正
  • マタニティー歯科

お勧め診療メニュー

top