詰め物には保険と自費でいろいろ種類がありそれぞれの個性があります

千種の歯医者なら池下さくら歯科 メニュー

保険と自費の詰め物の違いは?

歯の表面のエナメル質の下には象牙質という層があり、象牙質の下には神経があります。中度の虫歯で、神経近くまで虫歯が達していると沁みるなどの症状が出ます。虫歯を削り、保険の銀の詰め物または、自費診療の白い詰め物をする治療になります。 詰め物の治療の場合、歯を削って型取りをしてから、出来てきた詰め物をセットしますので、最低でも1歯に2回の来院が必要になります。

詰め物には保険の銀の詰め物と、自由診療の白い詰め物があります。

保険診療の
銀の詰め物

保険では、強度に優れる金属製の修復物(いわゆる銀歯)が適用されます。 金属製なので割れにくく、健康保険が適用されますので、比較的安価に虫歯を治すことができます。 しかし、銀の詰め物は目立ってしまいますので見た目の問題がありますし、金属アレルギーを起こす可能性があります。

パラジウム(銀)

メリット
  • 保険適用のため、比較的安価である。
デメリット
  • 審美性が低い。
  • 金属アレルギーがおこる可能性がある。

自由診療の
白い詰め物

歯の色に近い形での修復を希望される方や、性質をより良いものにしたい方には、セラミックを用いた治療を適用します。 健康保険の範囲外となってしまいますが、見た目がよく変色もありません。 使用する接着剤も強力なものを使用できますので、虫歯の再発のリスクも低くすることができます。

e-max

1本 43,200円(税込)

メリット
  • 歯の色に合わせて作ることができる。
  • 変色しにくい。
  • 生体適合性に優れており、アレルギーが起こりにくい。
デメリット
  • まれに形態によりかけることがある。

ゴールド(金)

1本 48,600円(税込)

メリット
  • 高カラットの白金加金製のため、高精度で適合性が高い。
  • 天然歯に近い硬さなので、噛み合わせる歯を痛めない。
デメリット
  • 金属の色が目立つ場合があるため、審美性が低い。

池下さくら歯科なら、患者様の要望をお聞きします!

池下さくら歯科では、様々な治療の中から患者様おひとりおひとりに合った最適な治療を提供できるように心がけております。 そのため、それぞれの治療のメリットやデメリットをお話しした上で、患者様のご要望やご予算に合った治療をご提案させていただきます。 無理に高額な治療を勧めたり、患者様の了承も取らずに治療を進めたりすることはございません

ご予約はこちらから
web予約はこちらから

PICK UP

  • メタルフリー
  • 滅菌対策
  • MRC矯正
  • マタニティー歯科
  • 子供マウスピース矯正
  • 大人矯正

RECRUIT

  • さくら会求人サイト

お勧め診療メニュー

関連サイト

top