歯茎から出血でお困りなら当院へ | 池下の歯科 池下さくら歯科

歯茎からの出血でお困りの方へ

歯茎から出血する

歯を磨いていて出血すると不安になりますよね。歯茎が腫れていて出血しやすい人は、歯周病の可能性があります。
歯茎の出血は、全身的な病気がなければ、歯ブラシの当て方や歯磨き粉の種類を変えることでほとんどが改善します。
しかし、出血したことには原因があります。
原因を取り去らないと、歯が抜けてしまったり、全身の病気にもかかりやすくなったりする危険性があるのです。

歯茎の出血の原因はお口の中の細菌!?

歯茎からの出血の原因のほとんどが、歯茎の周りにつく細菌が原因で起こります。
そもそもお口の中にはたくさんの種類の細菌が存在し、その中に歯茎の炎症を引き起こす細菌がいます。

細菌は一定時間が経つと、無数の細菌が集合して、歯垢という特殊なバリアを作ってしまいます。
歯の表面についている白いネバネバしたものを見たことがありますか?
あれが歯垢、つまり細菌の塊なのです。

歯垢は、歯磨きで落とすことができますが、どうしても磨き残しができてしまいます。
この磨き残しがあるために、一生懸命歯磨きをしていても、歯茎の腫れや出血を起こしてしまうのです。
磨き残しは患者様自身の磨きグセがあるために起きます。
この癖を修正するために、歯科医院での定期的な検診が必要です。
お口の中の細菌を減らすために毎日の歯ブラシはとても大切ですが、その効果を十分に発揮するためにも定期検診は大切なのです。

歯茎の出血が治るかどうかは菌の種類次第!?

お口の中の細菌は人から人にうつります。
幼少期に、特に接触時間の長い両親から口の中の細菌は感染します。
お口の中に悪影響を及ぼす菌の中でも、ある強力な菌がいると一生懸命磨いてもなかなか出血が治らないことがあります。
顕微鏡で検査をして、「右の図」のような菌が見つかったら要注意です!
スピロヘータと呼ばれる菌で、退治せず放置しておくとどんどん症状がひどくなってしまいます。

歯茎からの出血は、お口の中だけの問題ではない!?

スピロヘータは、腫れた歯茎から細菌や細菌の出す毒素が血液を介して体全体に入り込み、体中で悪さをします。
お腹にお子さまがいれば早産・流産、失明腎不全の原因となる糖尿病、死に直結する心筋梗塞ガン、脳梗塞といった恐ろしい病気を招く恐れがあります。

最近問題になっているアルツハイマーなどの認知症も歯茎に炎症があると悪化すると言われており、 歯科医院の定期検診に行かない人は行く人に比べて1.44倍かかりやすいと言われています。

家庭でできる歯茎から出血した時の対策

歯ブラシの先がしっかり当たるように歯ブラシを当てることが大切です。
しかし、歯ブラシだけでは不十分です。
なぜなら、歯と歯の間に歯ブラシの毛先が入らないからです。 そこにたまる汚れはどうやって取ればいいのでしょうか?
ここで登場するのが、デンタルフロス歯間ブラシです。

歯ブラシにデンタルフロス、歯間ブラシ。
やることが増えて面倒かもしれませんが、一手間加えるだけで磨き残すことを減らすことができ、あなたのお口の環境はぐんとよくなります。

どうしても歯茎の出血をしっかり治したい人へ

まずは歯科医院に行ってみましょう。
原因が何なのか、しっかり検査してくれる歯科医院に行くといいと思います。
池下さくら歯科では、歯科人間ドックという検査をお勧めしております。
この検査は、細菌の顕微鏡検査口臭検査唾液検査を合わせたもので、あなたのお口の状況を把握し、その後の治療の指針とするものです。
本当にしっかりした治療を受けるためにも、しっかりした検査をしてくれる歯科医院を選びましょう。

  • 歯周病
  • オーダーメイド予防
予約

当院オススメメニュー

  • ホワイトニング
  • 口臭治療
  • オーダーメイド

pick up

  • メタルフリー
  • マタニティー歯科
  • MRC
  • 滅菌対策
  • 衛生士求人サイト
  • プライバシーをお守りします
  • 痛い治療は嫌だ!
  • 口臭がある
  • 子どもの顔つきをキレイにしたい!
  • 歯が欠けた・なくなった
  • 歯肉から血が出る
  • ホワイトニングがしたい
  • 大人だけど歯並びを治したい
  • 銀歯を入れたくない!
  • しっかりした予防を受けたい!
  • 歯に穴が開いている
  • 子どもの歯並びが気になる
  • 入れ歯に不満がある
  • 歯がしみる
  • 歯に痛みがある

オススメ診療メニュー

  • メタルフリー
  • オーダーメイド予防
  • 口臭治療
  • 訪問歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティー歯科
  • MRC矯正歯科
  • 滅菌対策