千種区 池下のマタニティー歯科

マイナス1歳からの予防歯科

危険!妊娠中の虫歯・歯周病

「妊娠してから、歯茎から血が出やすくなったような・・・」
「妊娠中って、歯医者に通っても大丈夫なのかしら?」
そんな風にお悩みの方も、多いのではないでしょうか?
周産期のホルモンバランスの変化による歯周病は妊娠性歯肉炎と呼ばれ、女性特有の症状です。

さらにあまり知られていませんが、歯周病に罹患していると、その炎症物質が子宮の筋肉に影響して早産・低出生体重児のリスクを上昇させるといわれています。

また、虫歯は細菌感染症です。 お母さまやお父さまが虫歯や歯周病にかかっていると、原因菌がお子さまに感染しやすくなってしまいます。 逆に言えば、お母さまやお父さまのお口の中に問題がなければ、お子さまも虫歯や歯周病に感染する可能性が低くなるのです! あなたも、「マイナス1歳からの予防歯科」を始めてみませんか?

「マイナス1歳からの予防」ってどんなことをするの?

「マタニティ歯科」の目的は、生まれてくる赤ちゃんが虫歯や歯周病菌に感染しないよう、お母さまやお父さまのお口の中の環境を整えていくことです。
虫歯や歯周病がある場合は、もちろん治療から始めることになります。
虫歯もなく、歯周病にかかっていなかった場合は、「虫歯・歯周病にならないようにする」処置がメインとなります。

具体的には、定期的にお口の中のお掃除を行い、虫歯や歯周病の原因となる「歯垢」や「歯石」を取り除く処置を行います。
歯茎の腫れ・歯周ポケットの深さもチェックし、虫歯や歯周病が進行していないかどうかも調べていきます。

妊娠中でも、歯医者で治療を受けられるの?

「妊娠中って、歯医者で治療を受けても大丈夫なの?」と思われる方も多いかもしれませんが、妊娠中期(5ヶ月~6ヶ月)であれば、ほとんどの方に問題なく診療を受けていただけます
ただし、妊娠初期・妊娠後期は応急処置のみにしましょう。
妊娠初期は流産などの恐れもありますし、体に負担がかかるようであれば、長時間の治療は避けた方が望ましいと思われます。

妊娠中に歯医者の麻酔を打っても大丈夫なの?

歯科で使用する局所麻酔は比較的安全なもので、局所で留まり分解される性質がありますので特に心配はありません。

妊娠中の治療は、池下さくら歯科へ!

.

妊娠中に治療を受けたいという方は、ぜひ池下さくら歯科へお越しください。 当院には出産経験のある女医もおりますので、お母さまの立場に寄り添った診療を行うことができます。 また、長い時間横になると気分が悪くなる方もいますので、体位の取り方にも配慮いたします。

妊娠中に歯医者に通うなら、ぜひ池下さくら歯科へお越しください。

  • 小児歯科
  • 虫歯
予約

当院オススメメニュー

  • ホワイトニング
  • 口臭治療
  • オーダーメイド

pick up

  • メタルフリー
  • マタニティー歯科
  • MRC
  • 滅菌対策
  • 衛生士求人サイト
  • プライバシーをお守りします
  • 痛い治療は嫌だ!
  • 口臭がある
  • 子どもの顔つきをキレイにしたい!
  • 歯が欠けた・なくなった
  • 歯肉から血が出る
  • ホワイトニングがしたい
  • 大人だけど歯並びを治したい
  • 銀歯を入れたくない!
  • しっかりした予防を受けたい!
  • 歯に穴が開いている
  • 子どもの歯並びが気になる
  • 入れ歯に不満がある
  • 歯がしみる
  • 歯に痛みがある

オススメ診療メニュー

  • メタルフリー
  • オーダーメイド予防
  • 口臭治療
  • 訪問歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティー歯科
  • MRC矯正歯科
  • 滅菌対策
recruit news
  • 歯科医師求人サイト