千種区の池下さくら歯科ならインプラント治療を行っています

多くの方がインプラントを選んでいます

「インプラントって耳にするけどどんなものなの??」

「インプラントに興味あるけど、どんな治療かわからない」 最近、テレビや雑誌などでインプラントという言葉を目にする機会が多くなってきました。
一昔前までは、虫歯や歯周病で歯を失うと、次はブリッジか入れ歯という選択肢しかありませんでした。
この二つは、隣り合う歯を削るため、歯の持ちを悪くする上に噛みにくいものでした。
そこで登場したのが骨にチタン性の人工の歯の根を植えるインプラントです。
インプラントは、隣り合う歯を削ることもない上、ブリッジや入れ歯よりも噛む能力に長けています。
高齢化が進む日本においては、歯を失い代わりの歯を求める方もよりいっそう増えるのではないかと考えられます。

インプラントの治療の流れ

治療方針、埋め込むインプラントの決定

あらかじめとっておいたお口の模型、CT画像、レントゲン画像よりインプラントを埋める骨の状態を診査し、最終的に装着する人工の歯の形、噛み合わせを決定しそれに合うインプラントの太さ、長さを決定します。
また埋める方向、リスク等十分に精査した上で手術方針を決定します。
インプラントに必要な骨の量が足りない場合は、骨を増やす手術を併用することもあります。

麻酔

インプラントを埋める予定の歯ぐきに局所麻酔をします。
当院では無痛治療を心がけており、表面麻酔を使用するなど痛みを感じにくい麻酔をします。
麻酔が十分に効いたことを確認した上で、インプラントを埋める予定の歯ぐきに切開を加え骨を整形します。

インプラントを入れる穴をあける

ガイドドリルという細いドリルで埋め込む方向を定めた後、事前に決めた方向、深さまでドリルを使用して穴をあけます。
再度深さと決めた方向を確認し決められた太さで穴を広げます。

インプラントを埋める

滅菌されたインプラントを袋からだし専用の器具を使用し穴に埋め込みます。
次に、インプラントに専用のフタ(カバースクリュー)を取り付けて歯ぐきを閉じて縫合します。
ここでインプラントの埋め込みは終了です。

インプラントと骨が結合するのを待つ

インプラント手術後、傷口からの感染防止のため抗生剤、痛み止めを服用して頂き増ます。
抜歯に比べて痛みが少ないと感じる患者様もいます。
前歯のように目につく場所は仮歯をいれさせて頂きます。
この状態で3ヶ月から半年間待ちインプラントと骨がつくのを待ちます。

歯ぐきを安定させます

インプラントが骨と結合した後に、再び歯ぐきを少し切開し、つけていたフタを外します。
その後、歯ぐきの形を整える為の土台と交換します。
お口の中の型をとりあなたにあった仮歯を作ります。
仮歯の状態で噛み合わせの調整を行い、2~3週間程度、歯ぐきの形が整うまで待ちます。

人工の歯をお付けします

歯ぐきの形が整った時点で型をとり、色や形を患者様に合わせて、最終的な人工の歯を作ります。
他の歯と見分けがつかないくらいの人工の歯をお付けいたします。

定期検診へ

他の歯と同様にお口の中を綺麗に保つことが必要です。
3~6ヶ月程度に一回の噛み合わせのチェックなどの定期検診が必要です。

入れたら終わり!ではありません

インプラント治療は9割成功すると言われています。
しかし、それはインプラントを入れた後に定期的にメインテナンスにきて頂いた場合に限ります。
インプラントは入れたら終わり!ではありません。

人工のものであるがゆえにいったん病気になると簡単にだめになってしまいます
天然の歯と違って虫歯にはなりませんが、食べかすがインプラント周囲についたままになると、細菌が繁殖し、インプラント周囲の骨がとけ顎の骨から抜け落ちてしまうことさえあります。
インプラント周囲炎といい歯周病と似た症状がでます。

また長期に噛み合わせの調整をしないとインプラントに過剰な力が加わるようになり抜け落ちてしまうこともあります。
決して安くはないお金と長い時間を費やして得た大切な人工の歯です。
長持ちさせるためには定期的に受診していただきメインテナンスを受けてください。

当院のインプラント3つの安心

1.ステントにより埋める方向・位置を決定

池下さくら歯科では、インプラント治療には必ずステントを使用します。
ステントはインプラントを埋める位置や方向を定める装置です。
治療を始めるにあたり、「診断用ステント」いうマウスピースのようなものを製作し、CT撮影を行います。
このステップを踏むことで手術前に、インプラントを埋める正確な方向、位置、そして、インプラントの太さを診断でき、安全な手術ができるのです。

2.痛くない麻酔

池下さくら歯科では、無痛治療を心がけております。
インプラントに限らず、歯医者での麻酔は「痛い」「怖い」というイメージがあります。
麻酔の痛みの原因は、「針の太さ」「麻酔液の温度」「麻酔をいれる時の圧力」です。

「針の太さ」

細いものほど痛みを感じにくいです。 蚊にさされた時に痛みはほとんど感じませんよね。
池下さくら歯科では、歯科業界で導入されている針の中で一番細い針で麻酔を行っております。

「麻酔液の温度」

体温に近いものほど痛みを感じにくいです。
そこで、麻酔前に、麻酔液を温め体温に近い状態にさせていただきます。

「麻酔をいれる時の圧力」

一定にすることで痛みを軽減できます。
コンピューター制御式の麻酔器を使用し、圧を一定にしております。

3.インプラント10年保証

当院で手術を受けた患者様のインプラントには10年保証をおつけしております。 ただし定期的に御来院頂き、当院の定期検診システムを受けて頂いている方に限ります。
インプラントはメンテナンスを怠るとすぐにだめになってしまいます。 長い期間と治療費をかけて得た人工の歯です。
しっかり長持ちさせるためにもメンテナンスを欠かすことはできません。

  • 歯がかけた、無くなった
  • 痛みがいやだ
予約

当院オススメメニュー

  • ホワイトニング
  • 訪問歯科
  • 口臭治療
  • オーダーメイド

pick up

  • メタルフリー
  • マタニティー歯科
  • MRC
  • 滅菌対策
  • プライバシーをお守りします
  • 痛い治療は嫌だ!
  • 口臭がある
  • 子どもの顔つきをキレイにしたい!
  • 歯が欠けた・なくなった
  • 歯肉から血が出る
  • ホワイトニングがしたい
  • 大人だけど歯並びを治したい
  • 銀歯を入れたくない!
  • しっかりした予防を受けたい!
  • 歯に穴が開いている
  • 子どもの歯並びが気になる
  • 入れ歯に不満がある
  • 歯がしみる
  • 歯に痛みがある

オススメ診療メニュー

  • メタルフリー
  • オーダーメイド予防
  • 口臭治療
  • 訪問歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティー歯科
  • MRC矯正歯科
  • 滅菌対策