入れ歯にはさまざまな種類があり特性が異なります

実は入れ歯には様々な種類があります

今の入れ歯に満足していますか?

自分の歯でできる限りご飯を食べたいものですが、現在、80歳以上の方の残存歯の平均数は8.9本と言われています。
8本の歯でご飯をしっかり食べることができるでしょうか?
かなり厳しいでしょう。 実際、80歳の方であれば最低でも20本ないとおいしくご飯を食べることができないと言われています。 なくなってしまった歯を補うために使うものが入れ歯です。

もし、その入れ歯が合っていなかったら・・・
はめると痛い・・・
違和感が強い・・・
こんな状況ではご飯をおいしく食べるのは不可能でしょう。

保険の適用範囲内で作製できる入れ歯は材料に一部制限があるため、よりよい材料のものについても以下でご紹介させていただきます。

総入れ歯

上の歯または下の歯がまったくなくなってしまった方が使用します。

保険の総入れ歯

プラスチック義歯

メリット

  • 保険が適用できるため安価である。
  • 修理が容易

デメリット

  • 厚みがあるため、つけ心地が悪い、発音がしづらい。
  • 割れやすい
  • 熱の伝わりが悪い ・人工の歯がすり減りやすい

上の歯または下の歯が全くなくなってしまった方が使用します。

自費の総入れ歯(金属床義歯)

入れ歯の床が金属でできていると何がよいのでしょう? 金属はプラスチックに比べて丈夫で固く入れ歯を薄くできるため、お口に入れた時のつけ心地がよいです。 またプラスチックよりも熱を伝えやすいので、食べたものの温かさや冷たさを感じやすく、お食事をより楽しむことができます。

コバルトクロム床義歯

代表的な金属床義歯です。 チタン床義歯に比べて若干重くはなりますが、その分、安価です。

メリット

  • プラスチックより薄く作れるため、つけ心地がよい
  • 熱の伝わりがよい
  • 割れにくい

デメリット

  • 修理が困難
  • 顎の形によっては作製できない。

料金

  • ¥250,000+税(2年保証)

※2年間保証は、最低4か月ごとの定期検診を受けることが条件となります。
※自費診療の場合、プラス¥30,000で前歯のみセラミックの歯を入れることができます。

チタン床義歯

入れ歯の床部分にチタンを使用しています。チタンは、歯科のインプラントや整形外科で人工関節に使用されるなど体になじみやすい材料です。Co-Crよりも性能が高く、さらに軽いためよりつけ心地がよいです。

メリット

  • 軽く、上顎の義歯が落ちにくい
  • 薄く作製できるため、つけ心地が良い。
  • 割れにくい
  • 熱の伝わりが良い
  • 金属アレルギーが起こりにくい

デメリット

  • 作製に時間・技術を要する
  • 高価である
  • 顎の形によっては作製できない
  • 修理が困難

料金

  • ¥300,000+税(2年保証)

※2年間保証は、最低4か月ごとの定期検診を受けることが条件となります。
※自費診療の場合、プラス¥30,000で前歯のみセラミックの歯を入れることができます。

部分入れ歯

部分入れ歯は、上顎、下顎のどちらかにおいて一部の歯を失ってしまった人が使用する入れ歯です。
全て失った方は総入れ歯となります。

保険の部分入れ歯

プラスチック義歯

入れ歯の床がプラスチックでできており、入れ歯を支えるため歯に金具をかけます。

メリット

  • 保険適用であるため安価
  • 修理が容易

デメリット

  • 金属のバネが目立つ
  • 割れやすい
  • 人工の歯がすり減りやすい
  • 薄く加工できないため違和感が強い

コバルトクロム床義歯

代表的な金属床義歯です。金属製の床を使用しており薄く加工ができるため違和感が少ないです。また熱を伝えることができるため、お食事の温かさ冷たさを感じることができます。
チタン床義歯に比べて若干性能は劣りますが、その分、価格は安価です。

メリット

  • プラスチックより薄く作れるため、つけ心地がよい
  • 熱の伝わりがよい ・割れにくい

デメリット

  • バネが目立つ
  • 修理が困難
  • チタンに比べてやや重い

料金

  • ¥216,000+税(2年保証)

※2年間保証は、最低4か月ごとの定期検診を受けることが条件となります。
※自費診療の場合、プラス¥30,000で前歯のみセラミックの歯を入れることができます。

チタン床義歯

入れ歯の床部分にチタンを使用しています。
チタンは、歯科のインプラントや整形外科で人工関節に使用されるなど体になじみやすい材料です。
Co-Crよりも性能が高く、さらに軽いためよりつけ心地がよいです。

メリット

  • 重量が軽い
  • アレルギーが起こりにくい
  • 薄い金属でできているため、つけ心地がよい
  • 熱の伝わりがよい

デメリット

  • 高価である
  • 作製に時間・技術を要する
  • 修理が困難

料金

  • ¥270,000+税(2年保証)

※2年間保証は、最低4か月ごとの定期検診を受けることが条件となります。
※自費診療の場合、プラス¥30,000で前歯のみセラミックの歯を入れることができます。

バルプラスト義歯

バルプラストとは特殊なプラスチックであり、保険で使用するものより強度が高く、またしなやかなため割れにくい素材です。 また、バルプラスト義歯の最大の利点は、見た目の自然さです。
一般的な部分入れ歯は、入れ歯がお口の中で動かないように金属製のバネで固定しますが、バルプラストはしなやかなため、プラスチックでばねを作ることが出来ます。

メリット

  • 強度が強く薄く加工できるため違和感が少ない
  • 金属がないため自然な見た目になる。

デメリット

  • 修理が困難
  • 3本以上連続して歯がない場合には適用できない。

料金

  • 162,000+税(2年間)

※2年間保証は、最低4か月ごとの定期検診を受けることが条件となります。

入れ歯で気になることがあればぜひ当院へ

池下さくら歯科では、患者様のお悩みを解決するため、問診時にしっかりヒアリングをさせて頂きます。 その上で可能な限り、ご希望に沿った治療をさせて頂きます。 もし、現在入れ歯でお悩みのあなた ぜひ一度ご相談してください。 お口にあった入れ歯を入れて頂き毎日のお食事を楽しんでください。

  • 池下のインプラント
  • よくある入れ歯のお悩み
予約

当院オススメメニュー

  • ホワイトニング
  • 訪問歯科
  • 口臭治療
  • オーダーメイド

pick up

  • メタルフリー
  • マタニティー歯科
  • MRC
  • 滅菌対策
  • プライバシーをお守りします
  • 痛い治療は嫌だ!
  • 口臭がある
  • 子どもの顔つきをキレイにしたい!
  • 歯が欠けた・なくなった
  • 歯肉から血が出る
  • ホワイトニングがしたい
  • 大人だけど歯並びを治したい
  • 銀歯を入れたくない!
  • しっかりした予防を受けたい!
  • 歯に穴が開いている
  • 子どもの歯並びが気になる
  • 入れ歯に不満がある
  • 歯がしみる
  • 歯に痛みがある

オススメ診療メニュー

  • メタルフリー
  • オーダーメイド予防
  • 口臭治療
  • 訪問歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティー歯科
  • MRC矯正歯科
  • 滅菌対策