しっかり病巣を見極めることができるCTによる診察をオススメしてます。

質の高い治療を提供するための歯科用CTとは?

精度の高い診断・治療を可能にするCT

池下さくら歯科では、精度の高い診断・治療を可能にするために歯科用CTを導入しております。
従来のレントゲン画像は、お口の中を二次元の平面像で表した画像ですが、CT撮影をすることで三次元の立体像を作製することが可能です。

これにより、歯の根の形態、骨の状態といった解剖学的構造や歯周病や根の病気の大きさなどを細部まで把握することができ、より正確で精度の高い診断ができます。
撮影させて頂いた画像は、診療室に備え付けのモニターに写し担当歯科医師より説明させて頂きます。

もし疑問があればその都度お伝えください。
納得のゆくまで説明をさせて頂きます。

少ない被爆線量で正確に診断

当院で導入しているCTは歯科専用に作られたものであり、内科や外科などの病院で使用されるものとは違います。 大きな違いとしては被爆線量が医科のものに、比して十分の一以下に抑えられているです。

患者様の中には被爆線量を気にされる方がいらっしゃいます。 しかし、ご存知でしょうか? 私たちは、普通に暮らしていても常に放射線を微量ながら浴び続けています。 実際、歯科用のCTを1回撮影するのに浴びる放射線量(0.1mSV)は、日本からニューヨークまで航空機で往復した時にあびる放射線量(0.19mSV)より低いのです。

さらに、撮影時には撮影範囲となる頭部以外を放射線が通らない防護エプロンで覆わせていただておりますので極めて安全であるといえます。 インプラントや難しい親知らずの抜歯においては、神経との距離や周りの骨の厚みを診断するのにCT撮影は必要不可欠です。 もし、放射線量を気にされてCT撮影をせず、これらの処置に臨むと神経や周りの組織との位置関係が把握できず、盲目的操作となり、かなり危険であるといえます。

歯科用CTでわかること

CT画像からは、骨の形態や欠損状態がわかるだけでなく、神経の位置、向きなどを把握できます。

インプラント

インプラント治療において必要な情報は顎の骨の状態(質や厚み、高さ、形態)と埋入部位と神経との位置関係です。 CT画像より、これらの情報を確認した上でインプラントの埋入位置、深度、向きを決定します。

歯周病

歯周病が進行すると細菌の出す毒素により炎症反応が起きます。 その結果、歯を支える歯槽骨が溶けてしまいます。 そのため歯周病治療をするにあたって骨の状態がどうなっているか確認する必要があります。CT画像より歯槽骨の欠損位置、深さを正確に判断できます。

根管治療

虫歯や歯周病により感染した神経や根の膿みを取り除く根管治療においてもCT画像は有益な情報を得ることができます。 CT画像では、歯の根の本数、神経の管の方向、位置を正確に判断できます。 さらに、従来のレントゲン画像では把握できなかった細かい根の破折部位、小さな側枝を把握することができ、早期治療が可能になります。

抜歯

親知らずなどが顎の骨に埋まっている歯を抜歯する時には、歯の根の方向、位置、神経との正確な位置関係を把握する必要があります。 CT撮影をすることで容易にこれらの情報を得ることができ、より安全な抜歯が可能となります。 また、上顎洞(鼻の後ろにある空洞)や根の周りの病巣まで確認することができます。

予約

当院オススメメニュー

  • ホワイトニング
  • 口臭治療
  • オーダーメイド

pick up

  • メタルフリー
  • マタニティー歯科
  • MRC
  • 滅菌対策
  • 衛生士求人サイト
  • プライバシーをお守りします
  • 痛い治療は嫌だ!
  • 口臭がある
  • 子どもの顔つきをキレイにしたい!
  • 歯が欠けた・なくなった
  • 歯肉から血が出る
  • ホワイトニングがしたい
  • 大人だけど歯並びを治したい
  • 銀歯を入れたくない!
  • しっかりした予防を受けたい!
  • 歯に穴が開いている
  • 子どもの歯並びが気になる
  • 入れ歯に不満がある
  • 歯がしみる
  • 歯に痛みがある

オススメ診療メニュー

  • メタルフリー
  • オーダーメイド予防
  • 口臭治療
  • 訪問歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティー歯科
  • MRC矯正歯科
  • 滅菌対策