虫歯を放置が原因で抜歯をすることになるかもしれません。 定期検診により虫歯の早期発見をしていきましょう

虫歯を放置し続けるのは危険かも

虫歯は放っておくと痛い目にあいます!

皆さんが虫歯かも!?と気づくのはどんな時でしょうか?
冷たいもので歯がしみる!何もしなくてもズキズキする!といった症状を感じた時ではありませんか?

自覚症状を感じるような虫歯は、ある程度進行した虫歯です。 そのような状態まで放置してしまうと、歯を削ったり歯の神経を除去する必要が出てきます。 しかし初期の虫歯であれば、歯を削らなくても、歯面の清掃やフッ素を適用することで治療が可能なこともあります。

歯は一度削ってしまうと2度と元には戻りませんし、進行した虫歯の治療は、期間が長くなったり費用が高額になることもしばしばありますので、 自覚症状がなくても定期的に歯科医院で虫歯のチェックをすることを当院ではおすすめしております。

フッ化物塗布

フッ素(フッ化物塗布)には虫歯の原因菌の増殖を抑えたり、歯の表面のエナメル質を強化して虫歯になりにくくする作用があります。

虫歯は、細菌が食物の糖分を分解して作った酸が、歯の表面を侵食することで成立しますが、表面のみ溶かされている程度の虫歯であれば、フッ素を使用することでその進行を止めることが可能です。

当院では18歳未満の未成年の方には無料でフッ素 を行っていますので希望される方はお気軽にご相談ください。
ただし、削ったりする必要がある虫歯がある場合はそちらの治療を優先して行い、定期検診に移行する直前にフッ素を適用させていただきます。

シーラント

奥歯の噛む面には複雑な溝(裂溝)があり、歯と歯の間と並んで虫歯の好発部位となっています。 この溝をご家庭の歯磨きのみで清掃するのは困難ですので、当院ではこの部分にシーラントという蓋をすることをおすすめしております。

まず専用の電動歯ブラシで裂溝を十分に清掃し、専用のシーラント剤を流し込みます。 当院で使用しているシーラント剤は、歯にフッ素を持続的に供給する作用がありますので、裂溝の虫歯を予防するのに非常に効果的です。

歯を削るわけではないので、痛みはありませんし、小さなお子様でも比較的受け入れやすい処置となっています。

シーラントを行った歯も全く虫歯にならないわけではありませんが、シーラントをしていない歯に比べて歯が溶けていないことが多いので、 特に奥歯が生えたてのお子様は、早めに処置を受けることをおすすめしております。

強化プラスチック(コンポジットレジン)による修復

比較的浅い虫歯であれば、歯と同じ色の強化プラスチックで治療することが可能です。 ペースト状の製剤を歯を削った穴に直接流し込み、光で固める方法で治療を行いますので、一日で治療を終えることができます。 歯と歯の間(隣接面)を含む比較的大きな虫歯や、奥歯のように大きな力が掛かる部位には、適用できないことがあります。 また、水分を取り込む性質がありますので、経年的に変色することがあります。

つめもの・被せ物(インレー・クラウン)による修復

コンポジットレジンでの修復が困難な歯に対しては、強度に優れる金属製の修復物(いわゆる銀歯)が適用されます。 金属製なので割れにくく、健康保険が適用されますので、比較的安価に虫歯を治すことができます。 しかし、歯の色が再現できないため、見た目の問題がありますし、金属アレルギーの問題もあります。

セラミック製の詰め物・被せ物(自由診療)

比較的大きい虫歯に対して、歯の色に近い形での修復を希望される方には、セラミックを用いた治療を適用します。 健康保険の範囲外となってしまいますが、見た目がよく変色もありません。 使用する接着剤も強力なものを使用できますので、虫歯の再発のリスクも低くすることができます。

虫歯のできる仕組み

虫歯の原因

皆さんもご存知の通り、口の中の細菌が出す酸によって、歯が溶かされることが、虫歯の原因です。

有名な研究結果にステファン曲線と言うものがありますので、以下でご紹介いたします。

このように糖を摂取すると細菌の作用によって、口の中が酸性に傾き、歯の表面が溶かされます(脱灰)。

その後、唾液の作用により中性に戻り、歯の表面も元通りに戻る(再石灰化)、というサイクルが、常に繰り返されています。
このような脱灰と再石灰化のバランスが崩れたとき虫歯が発生するわけです。

虫歯の進行に関わる要素

虫歯ができるに当たって、「歯の強さ」、「唾液」、「細菌」、「糖」、「時間」の5つの要素が密接に関連しています。

「歯の強さ」

持って生まれた歯の強さには個人差があり、フッ素を塗り続けた歯とそうでない歯でも強度の違いが出てきます。

「細菌」

口の中には虫歯の原因となる酸を生成する細菌が幾つか知られており、中でもミュータンス連鎖球菌という菌の存在が虫歯のリスクを上昇させるとされています。

「唾液」

唾液には、細菌が作り出した酸を中和する物質が複数含まれており、口の中を一定の環境に保つ作用(緩衝作用)があります。 その他にも汚れを洗い流したり、薄めたりする作用があり、唾液の量が少なかったり作用が弱いと、虫歯のリスクが高くなります。

「糖」

食べ物に含まれる糖(特にショ糖)は、虫歯の原因菌の栄養源として分解され、有機酸となることによって歯を侵食します。

「時間」

以外に思われるかもしれませんが、時間も重要な要素の一つです。 口の中が酸性に傾いても上記のように唾液の作用でいずれ元の中性に戻りますが、だらだら食べをしたりすることで酸に晒される時間が長くなると、虫歯のリスクも高くなってしまいます。

これらの要素が虫歯の進行に深く関わっています。

「毎日歯を磨いているのに、虫歯ができてしまった」という方がよくみえますが、どんなに歯磨きを上手にされていても上記のような要素について気をつけなければ、いくら頑張って歯を磨いても虫歯を予防することが難しくなります。 上記を見て分かる通り生活習慣病の一つと考えることができますので、以下のような生活習慣に心当たりがある方は注意が必要です。

  • 甘いものを間食でよく食べる。
  • 一回の食事の時間が長い(一時間以上)
  • 子供の頃に虫歯のある親御さんから口移しで食事を与えられた
  • 口がよく乾く
  • etc

実際の虫歯の進行度

CE(可逆性の虫歯)

歯の表面が脱灰され、白濁したり、着色した状態になっています。
この状態であれば、フッ素を適用したり、生活習慣を改善することでそれ以上虫歯が進行しない可能性もあります。

C1(エナメル質齲蝕)

歯の表面のエナメル質に穴があきはじめた状態です。
エナメル質には知覚がないので、痛みがありませんが、既に不可逆性の変化が始まっていますので虫歯になった部分の除去と修復が必要になってきます。
ただしまだまだ浅い虫歯でありますのでこの段階で治療ができれば、予後は良好なことが多いです。

C2(象牙質齲蝕)

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が及んでいる状態です。
象牙質はエナメル質よりも弱い組織であるため、一度象牙質に虫歯が達すると内部で一気に広がります。
この状態になると、表面からの見かけよりも広範囲の歯を削らなければならないことが多く、治療後の二次虫歯のリスクも上昇します。

また、象牙質には知覚がありますので、この頃から冷水などの刺激によりしみるような痛みが出てきます。

C3

虫歯が、いわゆる歯の神経(歯髄といいます)にまで達している状態です。
この頃になると歯髄に感染をきたし、温かいものでも痛みを感じてしまったり、何もしなくても歯がズキズキするといった症状が出てきます。

このような状態まで虫歯が進行した場合、虫歯だけでなく感染した歯髄をすべて除去する処置(抜髄)が必要になることがあります。

抜髄をした歯は、土台を立てて被せ物の治療をしなければならないため、治療期間が長くなり費用も高額になってしまいます。 またそのような歯は時間が経つと脆くなり、歯根が割れてしまったり、再度感染するリスクが高くなります。

C4

虫歯の進行により歯の頭の部分が完全に崩壊した状態です。
この頃になると歯髄も完全に壊死していますので逆に痛みがなくなってしまいます。
しかし、壊死した歯髄が感染源となって歯の周囲に膿を出したり、歯茎や顔が赤く腫れ上がってひどい痛みを生じる可能性があります。

この状態になってしまうと、その歯の保存は不可能と判断され歯を抜かなくてはなりません(抜歯)。

根管治療

虫歯菌が歯の神経まで進行してしまっている場合、既に神経が死んでしまっている場合は、残念ながら歯の神経をとる治療が必要です。 歯の神経をとると、歯が植物で言う枯れ木のような状態になり、噛む力によって割れてしまうこともあります。 そのため神経を抜いたスペースに根っこのお薬を詰めてその上に土台をたてることで割れるのを防ぎます。 そして被せものをつけて治療が完了となります。 歯の根っこは入り組んだ形をしているため、丁寧なお掃除が必要ですので治療を終えるまでに最低でも4~5回の通院が必要となります。

抜歯

虫歯がかなり進んで歯が割れてしまった」「歯が既に根っこだけになってしまった」という場合、残念ですが歯を抜かなくてはいけなくなる場合もあります。 歯を抜くというと痛い、怖いといったイメージをもたれる方も多いかと思います。 当院では注射時の針の痛みを和らげる塗り薬、痛みの出にくい注射器を使用しております。 また抜歯等を専門とする口腔外科のドクターも在籍しておりますので、安心して治療を受けていただくことができます。

  • 歯に痛みがある
  • 歯がしみる
  • 痛い治療は嫌だ
  • 歯に穴が空いている
予約

当院オススメメニュー

  • ホワイトニング
  • 口臭治療
  • オーダーメイド

pick up

  • メタルフリー
  • マタニティー歯科
  • MRC
  • 滅菌対策
  • 衛生士求人サイト
  • プライバシーをお守りします
  • 痛い治療は嫌だ!
  • 口臭がある
  • 子どもの顔つきをキレイにしたい!
  • 歯が欠けた・なくなった
  • 歯肉から血が出る
  • ホワイトニングがしたい
  • 大人だけど歯並びを治したい
  • 銀歯を入れたくない!
  • しっかりした予防を受けたい!
  • 歯に穴が開いている
  • 子どもの歯並びが気になる
  • 入れ歯に不満がある
  • 歯がしみる
  • 歯に痛みがある

オススメ診療メニュー

  • メタルフリー
  • オーダーメイド予防
  • 口臭治療
  • 訪問歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティー歯科
  • MRC矯正歯科
  • 滅菌対策